内視鏡検査とは

経鼻内視鏡検査

苦痛のない内視鏡検査
「オエッ」とえずき(嘔吐反射)が起きにくい

経鼻内視鏡検査は1人1人の患者様にかかる時間が多少長くなることから、救急病院において、一般的には積極的に行われない傾向にあります。しかし、当院では、患者様の立場で考え、えずきが少なく楽に内視鏡検査を受けて頂けるよう取り組んでいます。
検査中、医師との会話が出来ることから、検査を受けた患者様からの満足度も高くなっています。
検査を痛みなく行うための前準備(前処置)の時間がかかりますが、検査時間は数分です。

マンガで見る経鼻内視鏡検査

経口内視鏡検査

食道・胃・十二指腸の病気の診断には
欠かせない検査です。

当院では90%以上の方が経鼻内視鏡を選択されますが、鼻腔(鼻の穴)が狭い・変形が強いなどで経鼻内視鏡が出来ない方・口からの内視鏡検査に慣れておられる方などは経口内視鏡検査を行っています。苦痛を伴うイメージの強い内視鏡検査を、出来るだけ楽で安全に提供できるよう努力しておりますので、いつでも気楽にご相談ください。

マンガで見る経口内視鏡検査

大腸内視鏡検査

大腸がんは日本人の消化器がんの中で、
最も急増している恐ろしい病気です。

大腸がんの芽であるポリープのうちに、あるいは浅い早期がんのうちに切り取ってしまえば心配はないのですが、早期発見のために一般検診で多く行われている検便検査(便潜血検査)では、その信頼性に疑問を呈す声があがっています。進行大腸がんの場合でも、その2割は陽性にでない場合があるのです。
内視鏡を使って検査をすれば、直接カメラで内部を観察できるので小さいポリープでも見つけやすく、また発見次第切除できるため、1回の検査で治療を終了することが可能です。

マンガで見る大腸内視鏡検査