診察のご案内

医療コンセプト

当院では内科全般・生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病)の診療を行っており、また、消化器系(食道・胃・腸・肝臓・胆道・膵臓)の専門診療を行っています。何科にかかればわからないという方や、気になる症状などがございましたら、お気軽にご相談下さい。
健康診断や予防接種などにも対応しています。
当院での診療・治療が困難と判断した場合には、すぐに近隣の専門病院・中核病院へご紹介致します。

一般内科

高血圧・高脂血症・糖尿病といった生活習慣病から、風邪症状・眩暈・頭痛などの内科診療全般を行っています。気になる症状があれば是非ご相談下さい。

消化器内科・内視鏡内科

大学病院・小倉記念病院・宇部興産中央病院の消化器内科で長年外来診療を行ってきた経験を元に、胃部不快感・便秘・下痢・腹痛などの消化器症状に対応します。
必要に応じて、腹部超音波検査や内視鏡検査などを行います。
腹部超音波検査・上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)は朝絶食で来院されれば随時施行しますが、あらかじめ電話で予約を頂くとお待たせすることなく検査を受けていただけます。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

当院では、口からの内視鏡検査と鼻からの内視鏡検査のどちらにも対応しています。
一般的には鼻からの内視鏡(経鼻内視鏡)の方が、嘔吐反射が少なく検査が楽だといわれますが、口からの内視鏡(経口内視鏡)の方が慣れているので楽といわれる方もおられます。
ご心配であればまずは受診の上、相談頂ければと思います。
希望があれば眠っておこなう内視鏡検査(鎮静内視鏡)も行いますが、こちらは一度受診して頂いた上で予約制になります。

マンガで見る経鼻内視鏡検査

マンガで見る経口内視鏡検査

大腸内視鏡検査

大腸ポリープなどの病変を見つけた場合、その場で内視鏡診断を行い、切除が必要なポリープに関しては、内視鏡的大腸ポリープ切除(日帰り手術)を行うことも出来ます。
通常、内視鏡で胃・腸を観察する際には、空気を送り(送気)、胃や腸を膨らませる必要があります。しかしこの空気送気では、検査終了後に、腸管内に充満した空気の影響で、「お腹の張り」や「不快感」を伴うことがあります。この様な苦痛を軽減させるため、当院では内視鏡用炭酸ガス送気装置を導入しております。炭酸ガスは空気と比較して、腸管内での生体への吸収が速やかなため、検査後の苦痛は軽減されます。炭酸ガス使用の安全性は国内、欧米から報告されています。

マンガで見る大腸内視鏡検査